• ナガイユミ

「キャッチーな言葉って?」

更新日:2月1日

こんにちは。

POPコピーライターのナガイユミです。

 

■ 浮かんだ言葉はそのまんま


POPを書くのが苦手な理由の一つに「キャッチコピーが浮かばない」という声をよく聞きます。そこを深掘りして「キャッチコピーが浮かばない」理由をたずねると、


「キャッチーな言葉が浮かばない」


そんな言葉が返ってきます。



では、POPに使いたいキャッチーな言葉って、どんな言葉なのでしょう?

  • 分かりやすい言葉

  • お客様の心をつかむ言葉

  • 頭に残る言葉

他にもあると思いますが、大体この3つでしょうか。

例えば「分かりやすい言葉」を使うならば、メーカーや店員、マニアしか知らないような専門用語はNGです。だからといって、POPコピー(キャッチコピー)に「すごい美味しい」「めっちゃ甘い」のような、POPでよく見られるような言葉もありますが、ありきたりな言葉は使いたくないのも本音ですよね。 パッと浮かんだ言葉を「もっと分かりやすい言葉にしよう」と考えるので、ペンが止まって悩む原因になります。そして、書けなくなる⇒苦手意識に繋がる悪循環。


そこで、私がオススメしたいのは「考えすぎない」こと。せっかく浮かんだ言葉なのにまとめようとすると、難しい表現になったりPOP作成時間にかなり時間を掛けることになります。 浮かんだ言葉は思い切って、そのまま使いましょう! たとえ浮かんだ言葉が「うわっ!」なら、そのままPOPコピー(キャッチコピー)として使う。そして、「うわっ!」と思った理由を商品説明へと繋げていけば、1枚のPOPとして成り立ちます。 POPを書いていると考えすぎるのも無理はありませんが、難しく考えるとPOPに堅苦しさが出てきます。少しリラックスして、アナタが友達やご家族にメールやLINE等で伝える感覚でPOPを書いてみましょう!

 

次回(9/28)のテーマは「悩まない練習」です。 お楽しみに!


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示