• ナガイユミ

「POPを見る目線」

更新日:10月20日

こんにちは。 POPコピーライターのナガイユミです。

 

■ お客様目線って?


POPを書くとき「お客様目線で書いて」と講座で言っていますが、アナタはどうやってお客様目線のPOPを書いていますか?


  • 読みやすい文字を書く

  • わかりやすい表現で書く

  • お客様の立場になって書く


いろんな方法がありますよね。どれも正解です。


ただPOPを書くことが楽しくなってきて夢中になると陥るのが「私のこだわり」。「こだわり」があって当然ですが、「こだわり」が強すぎるが故にお客様目線から遠ざかってしまうパターンがあります。


例えば、

依頼者は早くPOPを書いて売り場にすぐ貼りたいのに、POPライターの丁寧なPOPを書きたい「こだわり」で制作時間が遅くなってしまった。手書き POPが間に合わなければパソコンPOPで代用できますが、手書き POPの方がお客様の反応がいいとわかっているスタッフとしてはもどかしいですよね。まして、誤字脱字や表現方法に問題がなければ、すぐにでも売り場に貼りたいはず。



アナタがプライベートでお買い物をしているとき、「マーカーの先が少しバサバサになっている」ぐらいでその商品を買うのをやめますか?POPライターの「こだわり」は様々ですが、その「こだわり」はお客様にとって必要か考えてみましょう。

 

★更新★

POPの学校公式YouTubeチャンネルに「勝手にコトPOPを書いてみた!」を公開中!(※音声注意)




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示