• ナガイユミ

「あいうえお」

更新日:2月1日

こんにちは。 POPコピーライターのナガイユミです。


昨日(9/15)のブログ「POP文字の練習」でマス目の用紙や練習帳から卒業してもらうことと、もう一つお伝えしたいのが今日のテーマ。

 

■ あなたがPOPで書く文字は?


POP文字の練習をするとき、あなたは何から書きますか?「アイウエオ」「あいうえお」1から始まる数字など、50音順または数字の順番を書いていませんか?


1番最初にPOP文字の練習をするとき、ここからスタートします。私のPOP講座でもやっています。実戦でPOPを書いているのに、自信がなくてPOP文字の練習をしてる方も少なくありません。


「POPコピーが浮かばない」ことで私の「POPコピー教室」を受講される方が多いのですが、完成したPOP作品を見て「勿体ない」と思うのが…


『練習中のPOP文字はバランスが取れて読みやすいのに、実戦のPOPの文字はバランスが悪い』こと。



なぜこんなことが起こるのか。原因の一つは…


「50音順(数字は1から順番)に文字の練習をしているから」


「あいうえお」を書くのは文具店でペンの試し書きをするときぐらい。日常生活や勉強中・メモをとるなど、文字を書くときは文章や単語を書きますよね?


POPも同じ。POPコピー(キャッチコピー)・商品の説明・商品名・価格など、「ひらがな」「カタカナ」「漢字」「数字」ときにはアルファベットの単語含めた、ランダムな文字から成り立っています。


練習した時と違う状況になれば、せっかく練習してきたPOP文字のバランスを崩します。実はこういうタイプの方、結構いるんです。POP文字の練習に熱心になりすぎて、実践はPOP文字の練習が活かしきれていないのは勿体ない!



■私がオススメしているPOP文字の練習方法


「POP文字で文章を書く」


文章は何でもいいです。 ネットニュース・新聞記事・広告、本、好きなタレントの名前やグループ名、何でもいいです。まずはいろんな文章や単語を書く練習をしてください。自然とバランスのいい文章や単語のPOP文字が書けるようになってきます。


POP文字の練習をすることは良いこと。でも練習内容をちょっと工夫するだけで、POP作品は変わってきます。「横線を引いただけの用紙」で「文章」を書いて、実践に活かせる志質の良いPOP文字の練習をしてくださいね。

 

明日(9/17)のテーマは「早くPOPを完成させるコツ」です。

お楽しみに!

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示